芸術の秋・・・ですね。


今日は久し振りのオフ。

せっかくなのでお誘いいただいている催しに出かけてみようと
ハシゴしてきました^^

まずはMaayaとお友達のMachikoちゃんが出品している沼津市芸術祭の書道展へ
c0182527_2324179.jpg




” 「風」による ”という作品です


彼女の書く字はサラサラっと書いたメモも取っておきたくなるくらい全部素敵。
ただ整って綺麗、というだけでなく、力強くて彼女独特の味わいがあって・・・

書道展に伺うのはこれで3回目ですが、
こんなに素晴らしい作品、いつ練習したり、仕上げてるの?って
いつも不思議な気持ちになります

まさしく『風』のごとく、さりげなくカッコイイMachikoちゃんです。




書道の世界を堪能した後はMaayaを部活へ送り、
午後はYumikoさんと熱海MOA美術館

まずはルネ・ラリック-華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ-
c0182527_1732367.jpg
ルネ・ラリック生誕150年の特別展だそう

展示数も多く、とても見ごたえがありました

中でもアールヌーヴォー時代の淡く繊細なジュエリーには心惹かれました。
もう一度見たくなり・・・順路を逆戻りして、見とれてしまったほど(笑)

11/23まで展示が続くそうです。
一見の価値ありですよ


さて、ゆっくりとガラスの世界を堪能した後は
「MOA山月光輪花いけばな展-花のある暮し」へ
c0182527_233181.jpg

お誘いいただいたMihoさんの作品
計算尽くされていることを感じさせない、野山を散策していて偶然に出会ったかのような
自然な花姿が素晴らしかったです

ご一緒したYumikoさんと生け花の体験も!
私はチロリアン、彼女は吾亦紅(ワレモコウ)を選びました


c0182527_2346343.jpg
c0182527_23463160.jpg








偶然にも、私は古流、Yumikoさんは小原流と
流派は違えどお互い華道の師範を持っていることがわかったのですが
いったん離れてしまうとなかなかお花を生ける機会もないのですよね^^;

一輪の花を生けるというのが新鮮で
花びらは、葉はどの角度から見るのが美しいのか
横から見たり、下からのぞきこんだりしている時間は
ゆったりと流れていて
どこか懐かしくもあり
c0182527_2335362.jpg
c0182527_2341578.jpg

優しく癒されるひとときでした




Yumikoさんと別れた後は
c0182527_2344012.jpg

Maayaのいる吹奏楽部の出演している地元の神社のお祭りへ
今の時期はほぼ毎週各地の祭典に出演します

連休中もお休みがなくて大変ですが
沢山のあたたかな拍手をいただき
トトロメドレーで踊りだしたヨチヨチ歩きのちっちゃな男の子がいたり
お孫さんの活躍に目を細めるおばあちゃまがいたりと終始和やか。
ひんやりと澄んだ空気の境内にメロディが鳴り響いていました

by doze-_-doze | 2009-10-11 22:56
<< Invisible 朝ごはん。 >>