インフルエンザ 予防のお話



インフルエンザ

遠い地域での集団感染がニュースになっていたけれど
今では身近での感染を聞くようになってきましたね
c0182527_21191588.jpg




・栄養と休養を十分取る
・人ごみを避ける
・適度な温度、湿度を保つ
・外出時の手洗いとうがいの励行
・マスクの着用

聞き飽きた位、子供のころから聞いていることかもしれませんが
とても大切なことです


例えば手洗い

インフルエンザウイルスは、エンベロープという脂質性の膜を
ウイルス粒子のいちばん外側にもっており、
エンベロープは、脂質性(水に溶けにくく油に溶けやすいような性質)のため、
エタノールなどのアルコールによって簡単に壊されます。
エンベロープを壊されたウイルスは、感染に重要なたんぱくなどを失うので、
感染性がなくなります。
石けんでしっかり手洗い+もしあればエタノール消毒を。
手の甲、指の間など忘れがちな部分は特に注意です

そしてうがい

インフルエンザウイルスは
「気道の粘膜に取り付くと約20分で細胞の中に取り込まれる」
と言われています
※粘膜についたら即感染という説もアリ                                                              


出来る限り人ごみではマスクをして予防し、
マスクはもったいないけど人混みで使ったものは捨て
帰宅後は、細胞に取り込まれる前にうがいし前述の手洗いをしてシャットアウトします


また部屋を暖かく湿度を保つ

という理由はインフルエンザウイルスは、湿度が40%を越えると
死滅率が急に大きくなることが分かっているからです。
加湿器よりも洗濯物の部屋干しがラクちんな上にお勧めのようですよ(*^^)v
インフルエンザウイルスは軽いので乾燥した空気の中では元気だけれど
湿度があると空気中の菌が水分にくるまれ、下へと落ちるから
なんだそうです。
下に落ちてますからお掃除もちょっとこまめにしてみましょう^^;

きれいになった温かい部屋でインフルエンザ予防にお勧めの
エキナセアやエルダーフラワーのハーブティを飲んでリラックス出来たら最高です
c0182527_21225584.gif

さてうがい、手洗い、暖かく湿度のあるお部屋が準備出来たら
アロマセラピーをプラスして
ユーカリやティートリー、ラベンサラなど抗ウイルス作用のある精油を
お部屋で焚いてみましょう

いい香り~♪なだけでなくて
ウイルスや空気中の雑菌をカプセルのようにコーティングしてくれるという嬉しい効果があるんです


インフルエンザウィルスの基本的な構造は
遺伝子情報となる核酸
核酸を包んでいる蛋白質の核のキャプシド
キャプシドの外側の皮膜のエンベロープ(先ほども出てきましたね)
以上のようなシンプルな構造

特にエンベロープが鍵のような役割をして細胞内に侵入して感染がおこるわけですが
1つの細胞に感染したウィルスは10万ものコピーウィルスを作るのです(*_*)

でも抗ウイルス作用のある精油は従来のインフルエンザウィルスであろうと
新型のインフルエンザウィルスであろうと
鍵の役割をするエンベロープを破壊し感染力を無くしてくれるのです
香りで癒してくれるだけでなく、すご腕でしょ?(笑)


抗ウィルス作用のある精油とは
例えば

オレガノ、クローブ、シナモン、タイム、ティートゥリー、バジル、パルマローザ
ユーカリ・ラディアタ、ラベンサラ、レモン、ローズウッド など

オススメNO.1は抗ウィルス作用で感染を予防するとともに
免疫系を刺激することによって生体防御力もUPする
ラベンサラ

NO.2は抗カタル作用、去痰作用が呼吸器の調子を整えてくれて
気管支からのインフルエンザウィルスの侵入の阻止に
役立つ
ユーカリ・ラディアタ

c0182527_21473179.gif

インフルエンザ撃退スプレー レシピ

精油 18滴(上記オススメ単品でもその他の抗ウイルス作用のある精油とブレンドでもOK)
無水エタノールor ウォッカ 20ml
精製水 10ml

スプレーボトルに無水エタノールまたはウォッカを入れ、精油を入れてしっかり混ぜてから
最後に精製水を注ぎ入れ完成です

--------------------------------------------------------------------------

お部屋のルームスプレーとしてウイルスを撃退したり、
帰宅後家に入る前に衣類を消毒したり、手洗い後の手にシュッとするのに
ピッタリだと思います


えっ!やっぱ一番の予防はワクチンでしょd(-c_,-`。)!?
と思われるかたへ
ご参考までに↓

元気な脳をとりもどす/ダニエル・G・エイメン
著者のダニエル・G・エイメンは米国カリフォルニアの脳科学者、精神科医

この一節に世界トップレベルの免疫遺伝学者のひとり
ヒュー・ファンデンバーグ博士の
インフルエンザの注射を5回受けた人は、
1回や2回しか受けていない人や受けてない人に
比べてアルツハイマー病を発症する確率が十倍も高い という
研究結果が載せられています

Homeopathy関連の本でもよく目にしますが
これらの原因はインフルエンザワクチンに含まれる水銀とアルミニウムに
あるというのです。

水銀(チメロサール)はインフルエンザワクチンだけではなく
様々なワクチンやサプリメントの防腐剤として
使われています。
アメリカの現在の医療基準では12歳までに22回も予防接種を受けるそうですが
過去10年で自閉症児は12倍以上になったとのことです

ワクチン接種はあくまでも自己責任ですから
興味がある方は一度読んでみると良いかもしれません



長くなりましたが、最大の予防は、栄養と休養を十分取って
免疫を上げおくことですね^^

以上予防について少しお話してみました

by doze-_-doze | 2009-10-17 21:10
<< Ravansara Invisible >>