呼吸のおはなし①


呼吸とは、身体に必要な酸素を取り入れ、必要のない二酸化炭素を
外に排出すること

c0182527_21273047.jpg




肺では吸った息の中の酸素とからだの中から出てきた二酸化炭素を入れ換えます。
これらは意識しなくても自然におこなわれていることなのですが・・・
よりきれいな酸素を取り込むにはどうしたらよいでしょう?


肺をコップに例えてみます。
このコップの中には汚れた水が入っています。
このコップの水をすべてきれいな水にしたいと思ったとき、
一番いいのは汚い水を全部捨てて、新しくきれいな水を入れる方法。
少しでも汚い水がコップに残っていたら、きれいな水を入れても
混ざってきれいにならないですよね


肺の中の汚れた空気(二酸化炭素)を吐ききり、
その分自然に多くの新鮮な酸素を肺の中に入れてみましょう


以下、dozeのコンサルテーションでオススメしている呼吸法です


① まず、息を吐ききります。口をすぼめるようにして息を吐き、
 もうこれ以上吐けないかも><と思ったら
 そこからさらにフッフッと小刻みに息を吐き出してください。
 (限界に挑戦(^^)v

② 吐ききって口を閉じると意識しなくても鼻から自然と酸素が入ってきます


これで肺のclean up完了! 


正しい呼吸法は免疫を向上させますから、
花粉症など、アレルギー症状の緩和のためにもオススメです

私自身、喘息の予防も考え行っていますが
頭がスッキリしますし、自然に腹圧がかかるのでお腹が凹んで良いカンジ(笑)


歩きながら、車の中、お料理しながら、お風呂に入りながら
思い出すたび一日数回やってみてくださいね


by doze-_-doze | 2009-11-12 21:43
<< 呼吸のおはなし② 秋の新作。 >>