呼吸のおはなし②

眠っている時間のわりにスッキリ起きられない、イビキでお悩みという方、
呼吸を見直してみませんか?

c0182527_22353818.jpg




原因は『口呼吸』かもしれません。
もともとは鼻から吸う鼻呼吸が自然な形。
なぜなら、鼻には吸った空気を浄化するフィルターのような機能が備わっているから。
実際、人間以外の動物は皆、鼻呼吸をしています。

口呼吸をしてしまうと、フィルターを通した鼻呼吸の湿気を含む温まった空気と違い、
乾燥した冷たい空気が口から直接体内に取り込まれることで、
口腔内・喉が乾燥し、細菌などや直接侵入、粘膜に炎症が起きてしまいます。
体内に細菌が侵入すると、風邪などにもかかりやすくなり、
口の中が渇くことにより唾液が不足、
これにより口臭、歯周病、虫歯の原因ともなることがわかっています。

また口の筋肉が弱くなってしまい、口が開きやすくなるために
寝ている間も口があいてしまい、いびきがおきる悪循環。
顔もたるみやすくなるのです。
また、白血球やリンパ球の異常をもたらして免疫に作用するためアトピーやアレルギー、
肌荒れに関係しているという説も(T_T)


これを予防するため、
dozeでは寝るときの「マスク」をオススメしています^^
鼻を隠さず口だけ覆うのがポイント


布マスクを湿らせる健康法も有名ですが
私には構造的に圧迫感があって少し苦手なので、
プリーツタイプの不織布マスクに好きな香りの精油を1滴垂らしたティッシュを挟み眠っています
(メーカーさんに叱られそうですけど^^;
 不織布の紙マスク、ネットに入れて2~3回位お洗濯して使用出来ちゃいます。
 インフルエンザ予防などの目的でしたら使い捨てますが
 眠る時用には、お洗濯後の方がゴムの部分など柔らかくなって、結構好きです^^;
 

睡眠中は無意識に口呼吸をしている人が多いのですが、マスクをすることで
口呼吸がしにくくなり、自然と鼻呼吸も身につくそう。
その上アロマセラピーの効果でリラックス出来、免疫アップ^^
植物のエネルギーを身体に取り込めるし、呼吸が深くなって良いことだらけ
私も乾燥する季節には朝起きると喉が痛むことが多かったのですが
アロママスクをするようになってからはそのようなことがなくなりました(*^^)v
肌もしっとりする、おまけつきですよ~
by doze-_-doze | 2009-11-12 22:26
<< 冷え対策① 呼吸のおはなし① >>