フェアトレードのススメ

RyoutaとMaayaが冬休み入り、サロンもお休みになりましたので
二人のセッションのためにHomeopathyの聖子先生に会いに伊豆高原に行ってきました

Maayaが先生とお話している間、Ryoutaとドライブしていると
フェアトレードのお店を発見。
c0182527_2051598.jpg

ミトンと帽子を買いました。




これがすごー~く温かい(^^♪

ネパール製なのですが、手編みのミトンの中はフリース張りになっているんですよ。
無染色で毛糸の太さが一定でないため、編み目が少し不揃いだったりします。
だからこそネパールのどんな女性が編んだのかなぁと思いを巡らせたりすることが出来て
心まで温まる感じがします♪
c0182527_23855.gif

フェアトレードとは途上国の底辺で働く人達が貧困から抜け出せるように、
彼等から直接、より高い値段で、継続的に商品を買うこと。

一般的な貿易は利益を出すことを目的に生産しているので、雇用は最低限に限られ、
賃金もギリギリに押さえられています。
私達が製品に対して支払う金額の多くの部分が利益として事業所有者のものになり、
生産者には少ししか渡りません。

これでは貧しい人は働けど働けど生活が楽になりませんよね?
それに途上国の工場では違法に小さな子供を使って
生産コストを下げている事が少なくないそうです。
ブランドメーカーから発注をうけた工場が、このような低コストの工場に下請けさせることも
たくさんあるそうですが、市場に並んでしまえば誰が作ったものかなんて
私たち消費者にはまったく分かりません。
それが、わが子よりもずっと小さな子供達が学校へも行けず、
生活のために働きづくめで作った一品なのかもしれないと思うと
なんだか切なくなってしまいます。

でも、フェアトレードでは子供を働かせて生産されたものは扱っていないし、
直接取引きすることで、中間マージンをはぶき、その分生産者が多く受け取る仕組みを作り、
取引を継続することでその仕組みをゆっくり大きく育てて、より多くの賃金を生産者に払うこと、
より多くの生活困窮者を雇うことを目的としていて、作り手の受け取る金額が多くなります。

私が初めて購入したフェアトレード商品は生活クラブのバランゴンバナナでしたが
このような農作物は価格の変動が激しく、農家の生活が成立たないほど
低くなってしまうこともあるそうです。
でも、フェアトレード場合は輸入業者は一般商社のように市場価格で買い付けるのではなく、
農家の生活が成立つように考慮したフェア(公正)な価格で買い付けてくれるそうですから
農家の方も安心して作ることができますね。
すっごく味が濃いというのかな、甘くて美味し~いバナナです。

またフェアトレードは生産者の生活向上を目的としているので、
環境が破壊されても利益が出ればよいというような考え方をしていません。
長期的視野で持続的に発展していくことが可能な方法を取るので
例えば手すき紙を生産している団体では、森の資源を全て取り尽くして
紙にしてしまうのではなく、毎年生産が続けられるように
森の資源を守るための規則を自ら確立し地域のみんな守っているそうです。
c0182527_1825627.gif

以前はささやかな金額ですが、ユニセフに募金をしていました。
子供たちも自分達もしたい、とお年玉から協力してくれたりしましたが、
これは援助という形。
フェアトレードの場合、商品取引を通して「売る側」と「買う側」という平等な関係が成立ちます。


生産者の方はワークショップなどで技術力や保健衛生知識など向上させていて、
良い製品を開発する努力をされていて、
実際、本当に細かい手仕事の刺繍や編み物など品質も晴らしい品物が多いです。
きれいな色、可愛いものがたくさんあります。
それらを購入することによって私たちの生活も豊かになるし、
たくさんの貧しい人たちの生活を安定させることができ、生産者もプライドを持って
生き生きと働くことが出来ますから
フェアトレードこそが途上国支援になるのではないかなぁと思い
今は募金という形よりもフェアトレード商品を関心をもって選ぶことで支援したいな
と思うようになりました。

今日購入した品物のタグには
What's you buy is what you vote.”
『買いものとはどんな社会に一票を投じるかということ』
と書かれていました
フェアトレードはもちろん、農薬たっぷりの見た目がきれいな野菜も
有害物質を含んだ日用品も、買う人がいるからまた作られていくのです
この事を子供たちにも教えていきたいし、
これからも良く考えて買い物をしなければ・・・と改めて感じます。
c0182527_226797.jpg

このとっても可愛いBirthdayカードにも、パッケージに
「フィリピンマニラ首都圏パサイ市にある都市貧民街の母親達が作ったものです。
2枚作るとお米が約1kg購入できます」と書いてあります。
お母さん、お米、何kg買えたかなぁ?
子供たち、学校に行けてるかしら?
c0182527_0385123.gif

インターネット上でもお買いものが出来るところが沢山あるので
興味がある方はのぞいてみてくださいね
シサムコウボウ
WAY'S SHOP

by doze-_-doze | 2009-12-30 21:52
<< 今年もありがとうございました。 海からの・・・ >>