フランキンセンス


暑中お見舞い申し上げます
梅雨明けした真っ青な空に夏雲が広がって眩しい!ですね


さて精油の3本目は「フランキンセンス」
c0182527_1625857.jpg

              9ML @5,250

私の香りのイメージの中ではどちらかと言えば
「夏」というより、聖書の中のキリスト誕生の際に贈られた香り
というクリスマス=冬の香りなんですが・・・
TVで取り上げられて以来、急に問い合わせが増えてビックリ
あまりTVを見ない私はYou Tubeで






フランキンセンスは乳香とも言われ、荒野のとても乾燥した地域に育つカンラン科の樹の樹脂から採れる精油です。
樹の幹を傷つけた時にその部分を埋めるために樹脂が滲みでてくるように
皮膚や粘膜をケアする力がとても強く
新しい細胞の成長を促してくれます
そのため乾燥肌、敏感肌、しみ・しわなどの老化肌の救世主となるわけです
うんうん、夏こそ活用しないと~ですね^^;


また私は二人目を出産した後、過労から気管支喘息になり、
一時は救急車のお世話になるほどひどい発作に苦しんだ頃もあったのですが、
精油のブレンドオイルでマッサージをしたり、吸入をしたり・・・というケアで克服して以来
思えば8年以上発作が出ることもなく過ごせています。
この時も中心的な役割をしてくれたのが粘膜を鎮静させる効果の高いフランキンセンスでした
今の時期は湿気による水毒によって呼吸器の不調を訴える方が多いですから
やっぱり夏の必需品ですね


心に対しては古来より瞑想に使われているように
呼吸を深く、平和な気持ちにさせる
心の不安や脅迫観念を追い払うと言われています
私にとっては喘息で呼吸困難になり、不安でいっぱいの長い夜、
気持ちを落ち着かせてくれた懐かしく頼もしい香りでもあります


*老化肌のお勧めブレンド
 ネロリ4:フランキンセンス6:ラベンダー15

by doze-_-doze | 2010-07-17 16:42 | アロマセラピー
<< 精油が1本あると出来ることⅠ お勉強の話 2回目 >>