dozeについて考えたこと。

dozeのお客様は90%以上がリピーターさんであり、
お客様のお仕事内容や現在の状況などはおおよそですが把握できているのではないかと思います。

ですから明らかに睡眠不足だったり、本人は疲れていないとおっしゃってもぐっすり眠らせてあげた方が良いのでは?と思った時は、
リラックスして眠りを誘う香りをブレンドしたり、交感神経のスイッチをoffするような施術内容を心がけ、コトリと眠りにつかれたら、なるべく物音を立てず黙々とリズミカルな施術を続けるようにしています。

c0182527_23482078.gif




でもdozeのほとんどのお客様は、到着からお着替えしながらも、
ドアの向こうのキッチンにいる私にまで、
ずっとお話しを続けてらっしゃることに気付きまして^^;

私が気分転換に行ってみたことのあるアロマセラピーのサロンって
どこも静寂の中、小さな音でリラクゼーション音楽が流れているようなイメージ。
セラピストとのお話も思い返してみれば
「お力加減、大丈夫ですか?」
「ハイ、大丈夫です・・・」
と会話しただけだったような・・・

お疲れのはずが最初から最後まで絶え間なくお話して下さってるお客様に、
もしかして私が上手にリラックスさせてあげられてないのかしら?
気を使って色々お話してくださってるのかも・・・と少々不安に思うことがありました。

そこで施術前
「お疲れのようなのでどうぞぐっすりお休みになってくださいね」
とお声掛けしてみたのですが

「え~!勿体ない!この日を指折り数えてて、先生とお話したくて話したいことたくさんたまってるし、施術も“やってもらっている感”を味わいたいし・・・」
とのこと。


結局いつものように、お客様のお話に一緒に笑ったり、
時にはウルっとしたりしながらトリートメントが進んでいきました。
その後もこんなやりとりが何度か繰り返され・・・

そして先日、A様の
「先生と話していると、言葉のキャッチボールが絶妙なんだよね。
こちらがどんなクセのある球や強い球を投げても柔らかくて取りやすい球を投げ返してくれる。
それでその球がものすごくジャストミートで胸にズンとくるのよ」
と、言ってくださった言葉をきっかけに
何だかスッ~とモヤが晴れたような気がします。


私に出来ることはお客様と共に楽しみ、お客様の悩みや苦しみをシェアしながら、
目の前のお客様にとって必要な情報が提供できるよう学びを続けること。
そうして心と体と魂を癒していく役割を担うことが重要なんじゃないかなと
改めて感じる機会になりました。

これからもdozeらしく参ります(笑)


お客様が先日おこしくださった感想を→blogにかいてくださいました。
ブライダルMCをされている美しくて聡明な印象のaya様。
歌舞伎のことにもお詳しくてびっくり。早速LINKさせていただきました

by doze-_-doze | 2010-08-11 23:45 | doze
<< 夏アロマ③ 夏アロマ② >>