ニキビ 紫=瘀血タイプ

思春期のニキビは、急速に新陳代謝が盛んになり、代謝と分泌のバランスが
不安定になって、できますね。

しかし20代以降のニキビはなかなか治りが悪い上、跡も残りやすいなど、
悩みの種になってしまいます。

思春期ニキビと違って、大人ニキビは、肌表面の問題だけはでなく、体の中の問題です。
アトピーの方にもよくお話することですが、肌は内臓を移す鏡なのですね。

内臓の疲れや栄養バランスの悪さが原因となり、
ホルモンや皮脂の分泌、角質の増殖により毛穴が詰まって、細菌感染してトラブルとなります。
身体の内側、外側の両方からアプローチしていくことが必要です。

よくこれさえあれば・・・的なニキビ専用化粧品のCMを見かけますが
効くのは軽い思春期ニキビ程度のもののようです。
(たとえばプロ〇クティブ、使ってかえってひどくなった、という声もよく聞きますが
そういう声は報道されませんものね^^;)




血行不良の瘀血(おけつ)が関係しています。

紫ニキビ=瘀血タイプ。
このタイプの方は、紫色でゴリゴリしたニキビ、ニキビや虫さされの跡が残りやすい、
月経痛がひどく経血に塊がある、といった特徴があります。

ニキビが繰り返しできやすく跡が残りやすいタイプで、なかなか治りにくい大人ニキビのひとつ。
血行が悪くなりがちなので、血行をよくするオイルを用いると良いと考えられています。

マッサージでは、脚前面・脚後面・顔など、脾経・胃経・肝経などへのアプローチが有効です。
c0182527_1220409.gif

瘀血(おけつ)とは
私たちのからだが生命を維持していくために、本来スムーズに流れなければならない血液が、
なんらかの原因で流れにくくなったり、流れが止まったりすると大変です。
からだの細胞や組織が酸欠や栄養不足になったり、内臓や脳の働きが悪くなり、
その結果、さまざまな病気や老化現象が起こるようになります。
瘀血とは、血液の質が低下してまるで汚水のようにドロドロになると、血管壁にヘドロのように
くっついて流れにくくなったり、血栓をつくりやすくなったり、
いろいろな循環障害を起こすようになる症状のことです。


では、どんなことが原因となって瘀血が発生するのでしょうか。
•老化によって血管の弾力が失われたり、血液成分が変化する。
•運動不足によって、血液循環が悪くなる。
•不規則な生活習慣が胃・肝臓などの消化器官に負担をかけ、血液循環を悪くする。
•脂質などが多い偏った食事によって血液粘度が高くなる。
•強い精神的ストレスが血液の貯蔵と調節を主る肝の働きを低下させ、血液循環を悪くする。
•女性の場合、冷えや出産などが原因となることもある。
月経時に起こる差し込むような痛みや下腹部の冷えなど、生理不順にも深く関係している。


瘀血の三大症状
痛み :頭痛、歯痛、肩痛、神経痛、腹痛、婦人下腹痛、腰痛など。
しこり:肩こり、腫瘍、子宮筋腫。
黒ずみ:打撲、ねんざ、唇・舌・顔の色は暗いまたは黒っぽい。

瘀血度チェック(血液ドロドロ度) 
・肩こりがひどく、頭痛を伴うことが多い。
・顔色がくすんでいる。
・しみやそばかすが多い。
・唇や歯ぐきの色が黒っぽい。
・生理痛がひどい。
・月経の色が赤黒く、レバーのような塊りが混じることがある。
・子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣膿腫、乳腺炎がある。
・親指の付け根の静脈が青く浮き出ている。
・体のどこかに釘で刺したような鋭い痛みがある。
・痔がある。
チェックが三箇所以上あると要注意です

瘀血の予防方法
生活習慣の見直し:食養生と運動
□瘀血をとるための漢方をとりいれましょう
□血のめぐりを良くするハーブティー・セロリ・玉ねぎ・にらなどの香り野菜がオススメ
□適度な運動やウォーキング、湯舟にゆっくりつかる入浴で血行を改善
□血液を粘らせ熱が増える動物性脂肪や肉・油っぽいもの・甘いもののとりすぎは×
□瘀血の原因になる冷え・冷たい食べ物・ストレス・運動不足は×

瘀血タイプのためのアロマ
ホホバオイル20mlにネロリ1滴+ローズオットー1滴+フランキンセンス2滴
にてトリートメントしてみましょう
炎症がない時に→肌をこすると、滞りのある部分は、たまった毒素や老廃物が肌の表面に浮き上がりますので、これを流していく「かっさ」もお勧めです。

by doze-_-doze | 2010-08-27 11:52 | アロマセラピー
<< 夏の風物詩 懐かしいもの。 >>