マヤワークに行って来ました。

ホメオパスの聖子先生に教えていただいてから、すっかりはまって楽しんでいたマヤンオラクル。
c0182527_2316273.jpg

もっと知識を深めたくて、先週初心者向けマヤスペシャルワークに参加してみました。

カードなどは使わず、マヤ鑑定といって
マヤの時代から現代に甦った不思議な宇宙のカレンダーを読み解み解くことで
自分が生まれた意味、役割、人生の方向性や人との関係性、
いろいろなことが見えてくるというもの。
占いに間違えられそうだけど、統計学に近いのかな?




不思議な体験のオンパレード。
マヤの基礎知識のお話の中で、月の満ち欠けや季節ごとに咲く花の周期、女性の生理周期など皆宇宙の秩序の中で生きているのに人間だけ勝手気ままに動いているのは不自然。
人間もシンクロニシティ(共通性秩序)の藩中である。
というお話がすごく腑に落ちて、引き込まれていくのを感じました。
8時間ほどの長いレッスンですが、先生のお話が面白くて飽きる暇がありません。


午後からは参加者全員の生年月日から出したKINを読み解いてお話をしてくださいましたが
テキトーに座った人同士のKINを展開すると、260人に一人しかいない関係性同士だったりするのが鳥肌もの。
それもあっちもこっちも。
ちょっと怖いくらいに当たっていて、それが分かるたび歓声が上がります。

中でもゾクッとしたのが、
一緒にいったMちゃん(KIN136『6(律動)黄色い戦士-青い猿』)と会場に向かって歩いているとき『マヤのワークに参加される方ですか?』と声を掛けて来た女性。

会場までおしゃべりしながら歩き、たまたまMちゃんの前に座ったのですが、
なんとMちゃんとまったく同じ『KIN136『6(律動)黄色い戦士-青い猿』の方だったのです。
先生もかなり珍しいパターンとおっしゃってましたが、
偶然は必然ってこういうことをいうんだ~たまたまじゃないんだね~とMちゃんと顔を見合わせ
うなずくばかり。


そしてそして当日先生の鑑定を抽選で受けることが出来るという幸運にも恵まれました♪

名前を呼ばれた途端、ドキドキ舞い上がってしまい全部は覚えていないのですけれど…

私 KIN202『7(共振)白い風-黄色い戦士』

3月に変化があったこと(ありました。ありました。)
普段から努力を惜しまず基盤がしっかりしているから揺るがない
言葉に説得力があってカリスマ性がある(Mちゃんが当たってる!と頷いてくれました)
大変なことがあっても最終的にはうまく行く人…
といわれたことは覚えています。

なにか新しいことに挑戦したかを聞かれたのですが、仕事の面では特に思いつかず
「お友達の才能発掘でしょうか(笑)」と言うと、
「隣の人も前の人もYさん(私)についていけば間違いないです」とキッパリおっしゃって、
Mちゃんと顔を見合わせて笑ってしまいました。

友人たちの力になりたいとか一緒に高めあえる存在でありたいとは常々思ってるので、
そうであったら嬉しいコトです。


レッスンに13年通ってくれていて、大切な友人でもある
Kちゃん KIN232『12(水晶)黄色い人-白い風』
Yちゃん KIN230『12(水晶)白い犬-白い風』
は、マヤのカレンダー上においても私にとって特別な存在であるということが判明。

そうか~だからなんだぁ~ってすごく腑に落ちて幸せな気分に。
家族の関係性においても、私にないものを子供達が補ってくれているのがわかり、
感謝の気もちが沸きました。
c0182527_23564125.png

マヤ鑑定の醍醐味は日や期間のもつ意味合いをきちんと理解して、日々KINを読み続けていくことではじめて味わえるもの。
次回の勉強会にも絶対参加したいし、自分なりにカレンダーを読み解きながら、感性を研ぎ澄まして生活していけたら良いな。

鑑定士レベルになるとマヤのカレンダーを深く読んでいくことで幼少期のトラウマが見えたり、生まれる前に自分自身で描いていた今世の人生の設計図がわかったりするとか。
なにより人は理由がわかると一歩前進出来るというポジティブな考えに基づいた鑑定が素敵です。

極めて行きたいものにまたひとつ出会ってしまいました.+:。 ヾ(。・ω・)ノ゚.+:

by doze-_-doze | 2011-11-13 23:36 | private
<< 冬支度。 温活。 >>